北九州市八幡東区の整骨院・交通事故治療【むらかみ整骨院】

坐骨神経痛・手足のしびれ

神経痛の症状・治療法

神経痛は筋肉の緊張や腫脹、何らかの原因で神経が圧迫されたり、炎症を起こした痛みです。
坐骨神経痛、肋間神経痛などが代表的な神経痛になります。
神経痛を起こす原因は、変形性の骨髄症、椎間板ヘルニア、狭窄症などがあります。


その根本には、神経を取り巻く筋肉の緊張やしこりにより神経を圧迫したり、関節の動きが悪くなることで関節周囲の組織が神経に緊張を伝えて炎症を起こしたり循環の不良により回復を遅らせています。

神経を圧迫している組織(筋肉等)の緊張を取り除き、神経周囲の環境を良くすることで神経を回復させるのが治療法になります。

しびれの症状・治療法

首、腰の変形やヘルニアなどが一般的ですが、そのなかの原因として、脳、脊髄などの神経が障害されたもの、血流障害によるもの、自律神経の障害、筋肉や関節の障害によるしびれなどがあります。

多くの場合、根本原因は筋肉や関節によるものです。


筋肉性や関節性のしびれは整骨院での治療が効果的です。
当院では神経を圧迫している筋肉の緊張を取り除き、神経周囲の血行を良くしてしびれの回復を早めていきます。障害された程度が重い場合のしびれは治療期間もかかります。又、手術適応のしびれや脊髄や脳が原因なものは、専門医の治療が必要な為、医療機関への受診をおすすめしています。